コラーゲン注射が使用されていました

コラーゲン注射が使用されていました

コラーゲンを構成する成分はタンパク質です。


以前はしわの治療に対しては美容皮膚科ではコラーゲン注射が使用されていました。


コラーゲンも本来人間の体に存在するものその為、副作用は欠如ように感じられますが、コラーゲンとヒアルロン酸には大きな違いがあります。


タンパク質は三大栄養素と言い聞かされてしまうくらい人間が生きていくために必須の栄養ですのでありながら、アレルギーを引き起こす原因物質でもあげられます。


つまり、コラーゲンでしわを治療する場合は事前にテスト注射をして、アレルギー反応が出現しないかを確認して数日後に本格的に治療が開始されておりました。


一方ヒアルロン酸はタンパク質で構成されていますのででではなく、前述のアセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合しあった糖だから、アレルギーを引き起こすことは、純粋なヒアルロン酸を使用してる限りはあり得ません。


また、高分子であって、粘稠性が高くなりましてしまったので肉細注射針だと、しわなどの治療箇所に注入しずらくなっているのですが、出来るだけ腰細針を使うか、または貼る麻酔薬や塗る麻酔薬を使用することで痛みを伴わないで治療できるように医療機関ごとに工夫をこらしていますのです。






page top